南生駒村立南生駒尋常小学校になったころ

南生駒村立南生駒尋常小学校になったころ

1888年(明治21年)、学校は、萩原町の応願寺下に移転しました。
1890年(明治22年)には、南生駒村になったのにともなって南生駒村立南生駒尋常小学校となりました。
このころになると、読書・算術・作文・習字に修身・地理・体操(1・2年は、遊技)と教科もふえました。
1895年(明治28年)、はじめて4学級となりました。1899年(明治32年)校訓と校訓かぞえ歌がさだめられました。

南生駒尋常小学校のあったところ 右が校地、道路突き当たりが応願寺
道路をへだてたところが、元運動場 運動場跡地は、田畑になっている

美努連岡万呂(みののむらじおかまろ)の墓の南側に小学校をうつす

1900年(明治33年)に校地を現在の青山台にうつしました。
建物は、4つの教室のあるもの、事務室と宿直室のあるもの、児童用トイレの3つでした
この年は、授業料が無料になった年で、全国的に女子の就学率が上がりだします。
1907年(明治40年)、法令が改正され、義務教育が6年に延長され、南小学校も6学年までになりました。1909年(明治42年)、校歌を制定し、はじめて校紋を定め、1911年には、校舎を増築し、10教室にしました。その後も、順調に児童数は増え、1920年(大正9年)には、9学級で、540人になり、新しい校地をさがすことになりました。
このころの学校は、修身・国語・算術・日本歴史・地理・理科・図画・唱歌・体操・裁縫(女子)と教科をふやしていました。
 
現在は、青山台の住宅地になっている 後ろに見えるのが、美努連岡万呂墓