戦後の民主教育の中で


戦後の民主教育の中で
 
南生駒村立南生駒小学校として出発
 
第二次世界大戦が1945年(昭和20年)に終わると、民主教育の波がやってきました。
1946年(昭和21年)、名前を南生駒村立南生駒小学校とかえ、新教科として国語・社会・算数・理科・音楽・図画工作・家庭・体育が始まりました。
1947年(昭和22年)、小学校の西の土地に中学校ができ、1953年(昭和28年)には、南生駒村立みなみ保育園が、役場の跡地にでき、今の小学校の校地に、保・小・中がいっしょにならんでいました。
1955年(昭和30年)、南生駒村は、生駒町と合併し、小学校の名前は、生駒町立生駒南小学校になっています。
1961年(昭和36年)、第二室戸(むろと)台風がやってきて、校舎は、大きな被害を受けました。

木造の北校舎 北となりの中学校
第二室戸台風の被害のようす 後ろにプラタナスの木が見える