生駒東小学校の教育目標

【教育目標】
広く世界に目を向け、次の世代をになう
 豊かな心をもった たくましい子どもを育てる 
 本校は、創立以来、敬愛と信頼、協力と奉仕の精神を基盤として、豊かな人間性の育成をめざして学校づくりに努めてきた。これまで築き上げてきた研究や実践をふまえながら、変化の激しい時代の中で、学校・家庭・地域の絆のもと、子どもたちが、心豊かに、たくましく生きる力を備えた人間に育つことを目指したい。

               
【めざす学校】(学校力)
  1.笑顔にあふれ、生き生きと学び合う学校
 2.花を愛し、音楽を愛する心が育つ学校
 3.安全で、信頼される学校

【めざす児童】(人間力)         
 1.自ら学び、考え行動する子ども
 2.豊かで温かい心をもつ子ども
 3.自他の生命と体を大切にする子ども
 
【めざす教師】(教師力)
1.豊かな人間性と教育的愛情をもつ教師
2.学ぶ喜びを知り、自ら学び続ける教師
3.組織と連携し、協働できる教師

【教育目標を達成するための基本方針】
◇学び合う
 基礎的・基本的な知識・技能の定着を図るとともに、それらの力を活用して課題を解決する力を相互の学び合いをとおして育てる。
◇支え合う
 自主性・自律性を基礎に自分の責任や役割を果たすとともに、自己を表現し他者を受け止め、互いに支え合うことにより力を合わせて豊かな生活を営む力を育てる。
◇鍛え合う
 思いきり活動出来る場を設定し、自らの目標に向かって互いに切磋琢磨することにより鍛え合い、「やった」「できた」という充足感をもって、たくましい心身を育てる。
 

平成28年度の重点課題

あたたかい学級・学校づくりの推進
 「授業のユニバーサルデザイン化を推進し、仲間に対するあたたかい気持ちを育む。

体力づくりの推進~体力向上運動への取り組みを進める~
 運動の楽しさを知り、進んで運動に取り組む子を育てる。 

言語活動を通して学び合う授業の工夫
 自分の考えをもち、表現できる子を育てる。

安全教育の推進
 自他の安全を守る意識と行動力を身に付けさせる。

 
 
 
 
 
 
 
 

生駒東小学校 「校章」

校章

校章の由来

本校の校区は「菜畑」の地名のとおり、昔、さかんに菜の花が栽培されていました。
本校の校章はこの菜の花を素材に創作されました。
菜の花は冬の寒さに耐え、自然の理として春になると美しく咲き、その姿はおおらかで豊かなものです。やがて実を結び、それは人のために役立ちます。
この菜の花のもつ心を本校のめざす心や姿として捉えています。
校章の4枚の花弁の外輪は「和」を表し、「小」をかたどっています。
上下6本のおしべと中央のめしべで「東」を形どり、実を結ぶ姿を表しています。

 
 

生駒東小学校「校歌」


矢田のやまなみ 背にうけて
生駒山を ながめつつ
みどりに包まれ 学ぼうよ
えがお えがお えがお明るい
私たちの
生駒東小学校


やさしく咲いた 菜の花の
こころ忘れず うけとめて
丈夫なからだ つくろうよ
ちから ちから ちからあふれる
私たちの
生駒東小学校


あすの世界を 築こうと
みんな仲よく 輪になって
つよく正しく 進もうよ
ゆめが ゆめが ゆめが広がる
私たちの
生駒東小学校