Ikomaminamidaini Elementary School

TOPページ 学校紹介 教育計画 学校評価 学校だより 保健室から
学校生活 お知らせ アクセス 事務案内 リンク

■学校評価

 最終アンケートの結果報告と考察

児童アンケート(最終).pdf

保護者アンケート(最終).pdf

 中間アンケートの結果報告と考察

運動会アンケート.PDF

児童アンケート(中間).PDF

保護者アンケート(中間).PDF

 

平成28年度 学校評価

 

平成29年度 学校評価 

 
 今年度の本校教育について、「児童アンケート」、「保護者アンケート」の結果を分析するとともに、学校評議員会等でのご意見やご提案を取りまとめましたので、「学校評価」としてお知らせします。
 

アンケート結果からの考察

児童アンケート、保護者アンケートの項目「A:よくあてはまる  B:ややあてはまる  C:あまりあてはまらない  D:まったくあてはまらない  E:無答」
学校評価では「A:よくあてはまる」と「B:ややあてはまる」を合計した数値をできたと判断しています。  


重点目標 ☆1 あいさつをする 
 「自ら進んであいさつをする習慣をつけます。」について
  「すすんであいさつをする」を児童アンケートで90%以上にします。

○あいさつ

E

児童3

自分から「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」などのあいさつをしている。

59%

34%

5%

1%

0%

保護者16

お子さんは、「おはようございます」「行ってきます」「ただいま」「ありがとう」「ごめんなさい」などの挨拶や言葉遣いができている。

47%

43%

9%

1%

0%

児童アンケート
〇 「自分から『おはようございます』『こんにちは』『さようなら』などのあいさつをしている。」93%、
保護者アンケート
〇 「お子さんは、『おはようございます』『行ってきます』『ただいま』『ありがとう』『ごめんなさい』など の挨拶や言葉遣いができている。」90%
学校評議員及び学校関係者評価
〇 子どもたちは、顔を見たらすぐに子どもからあいさつしてくれる。特に低学年が良くしてくれる。これからもあいさつや仲間づくり、いじめ防止に向けて取組を進めてほしい。
〇 あいさつや思いやりなどの人権意識、食育や環境など家庭の協力なしではできない項目のアンケートの数値が高いことはいいことだ。

 目標は達成できたと考えますが、まだまだ自分からはできない児童もいます。これからも「自分からすすんで、大きな声で、相手の顔を見て、会釈をして、あいさつすることができる。」また、「出会った人に、『こんにちは』『さようなら』『ありがとうございます』など適切なあいさつができる。」ことを目指して指導していきます。  


重点目標 2 なかまづくり
 「一人一人の違いを認め合い、協力し合える集団を作ります。」について
 「友達と仲良く過ごす」「協力し合えた」を児童アンケートで90%以上にします。

○人権教育 なかまづくり

E

児童1

いじめや仲間外れがなく、友達と仲良く学校生活を送っている。

78%

20%

2%

0%

0%

児童2

人の気持ちを考えて発言したり、行動したりしている。

53%

41%

5%

1%

0%

保護者2

学校は、一人一人の児童の思いや個性を大切にし、きめ細かい指導を心掛けている。

38%

46%

15%

1%

0%

保護者3

学校は、いじめのない学校づくりに取り組んでいる。

34%

50%

12%

1%

3%

保護者15

お子さんは、楽しい学校生活を送っている。

67%

32%

1%

1%

0%

教職員16

つながることで高まるなかま集団づくりをめざして、人権教育推進計画に沿った取組を進めている。

32%

58%

5%

0%

5%

教職員17

心配りの必要な子どもたちや学級の実態について,全職員が情報を交流し,協力して支援ができている。

42%

42%

16%

0%

0%

教職員18

体験活動と関連させたり,教材の開発や指導を工夫したりして,道徳の時間を充実させている。

16%

53%

16%

0%

16%

児童アンケート
〇 「いじめや仲間外れがなく、友達と仲良く学校生活を送っている。」98%
〇  「人の気持ちを考えて発言したり、行動したりしている。」94%
保護者アンケート
〇 「学校は、一人一人の児童の思いや個性を大切にし、きめ細かい指導を心掛けている。」84%
〇  「学校は、いじめのない学校づくりに取り組んでいる。」84%
〇 「お子さんは、楽しい学校生活を送っている。」99%
学校評議員及び学校関係者評価
〇 友達と楽しげに話しながら下校してくる姿に学校生活の充実を感じる。
○ 学校が楽しいという子が多いのはよいことだ。
○ 子どもたちが素朴で子どもらしい。素直な面がある。いい面をたくさん残している。物質的な面はそこそこ整えばよい。多少不便な方が却って教育的な面もある。小規模の学校の良さを生かして教育に取り組んでいる。
〇 1クラスになりクラス替えがないので良い面もあるが、力関係が決まってきたりするので、進級時に何かリセットする取組があればよいと思う。全校での活動や縦割り活動を充実し人間関係の広がりを持たせるのが大事である。  

 目標は達成できたと考えます。人権教育を中心に一人一人に寄り添う教育は、学校として最も大切にしているところです。たんぽぽタイムなどの縦割り活動などの効果も大きいと考えます。これからも、仲間づくりを大切に、いじめのない学校づくりを進めていきます。また、アンケートで高い数値であったように、児童にとって「楽しい学校である」ことはうれしいことです。これからも、楽しいと感じられるよう取り組んでいきます。また、アンケートの結果だけでなく、課題や悩みを抱えている児童一人一人に寄り添い、ご家庭としっかり連携しながらより良い方向に向かうよう取り組んで参ります。


重点目標 3 すすんではたらく
 「清掃活動、当番活動など責任を持って取り組む気持ちを高めます」について
 「当番活動に一生懸命取り組んだ」を児童アンケートで90%以上にします。

○清掃活動、当番活動

E

児童4

日直やそうじなどの当番活動、係や委員会などの活動をがんばっている。

72%

21%

6%

0%

0%

児童5

学習での活動や係・委員会の活動などのグループ活動で、友達と協力し合って取り組んでいる。

63%

32%

3%

1%

0%

教職員14

児童の自主的・自発的な学級活動や児童会活動・クラブ活動等が行われている。

37%

53%

5%

0%

5%

○学校のきまり

E

児童6

生活目標などを知って、取り組もうとしている。

46%

42%

10%

1%

0%

児童7

学校のきまりを守っている。

58%

29%

10%

2%

0%

教職員11

生活習慣の確立(あいさつ・そうじ・規範意識の向上等)のための指導をしている。

32%

58%

5%

0%

5%

児童アンケート
〇 「日直やそうじなどの当番活動、係や委員会などの活動をがんばっている。」93%  
〇 「学習での活動や係・委員会の活動などのグループ活動で、友達と協力し合って取り組んでいる。」
95%

 目標は達成できたと考えます。当番活動や清掃活動、委員会などに対して、意欲的に取り組むことができています。また、友達と協力しあって取り組んでいます。二小の子どもたちの大変よい点としてこれからもしっかり指導していきたいと思います。昨年度より少しポイントが下がっていますが、学校のきまりなどを守ろうとする規範意識も高いです。これからも生活目標や学校のきまりをきちんと守るよう指導していきます。


重点目標 4 読み書き計算の力を高める 
 「分かりやすい授業、個に応じた指導で基礎学力の定着を図ります。」について
 漢字テスト・計算テストで正答率を80%以上にします。

○読み、書き、計算の力をつける

E

児童8

漢字や計算、与えられた課題に取り組むなど基礎基本の学力を身につけようとしている。

68%

25%

6%

0%

1%

児童9

自分の意見を発表したり、分からないところを先生に聞いたりして積極的に学習している。

47%

39%

10%

4%

0%

保護者4

学校は、分かりやすい授業を行っている。

38%

54%

5%

0%

3%

保護者5

学校は、個に応じた支援や指導によって、基礎学力の定着を図っている。

38%

42%

16%

1%

3%

保護者6

学校は、通知表などを通して児童の成績やがんばりを適切に評価している。

47%

42%

10%

0%

1%

教職員8

わかる(自ら学び考える力の育成)授業を実践し、学力の向上を図っている。

21%

63%

5%

0%

11%

教職員9

個に応じた指導によって学力の定着が図れるようにしている。

32%

58%

5%

0%

5%


○家庭学習

E

児童10

宿題など家でも進んで学習をしている。

64%

26%

8%

1%

0%

保護者17

お子さんは、家庭学習の習慣が身に付いている。

39%

40%

19%

2%

0%

児童アンケート
〇 「漢字や計算、与えられた課題に取り組むなど基礎基本の学力を身に着けようとしている。」93%
〇 「自分の意見を発表したり、分からないところを先生に聞いたりして積極的に学習している。」86%
保護者アンケート
〇 「学校は、分かりやすい授業を行っている。」92%
〇 「学校は、個に応じた支援や指導によって、基礎学力の定着を図っている。」80%
学校評議員及び学校関係者評価
○ 意欲的に学習に取り組んでいる項目の割合が高い。
〇 放課後学びタイムに取り組んでいただいているのはありがたい。
〇 ほかの学校ではやっていない二小の特色である。

 目標はおおむね達成できたと考えます。今後も分かりやすい授業を目指すとともに、主体的に学習していけるよう、学習指導のあり方を工夫して行きます。さらに、放課後学びタイム・夏休み学びタイムを生かしながら基礎基本を定着させ、学力の向上をめざします。単学級になり、1クラスの人数が多くなることもあります。今までの取組も続けながら、個に応じた学習を進めていけるよう工夫していきます。家庭学習については、90%の児童が、宿題など家でも進んで学習をしていると回答しています。一方保護者アンケートでは、78%です。家庭学習は大切です。家庭学習が定着していない児童には、家庭としっかり連絡を取り合い学習の習慣をつけていけるよう取り組みます。


重点目標 5 体験を通して深く学ぶ
 「行事や体験活動、出前授業などを通して主体的な学習を進めます。」について
 出前授業・体験学習を各学年10回以上実施します。

○体験学習、出前授業など

E

保護者7

学校は、社会見学や出前授業など体験的な学習を積極的に取り入れている。

74%

25%

1%

0%

0%

教職員10

体験学習や,問題解決的な学習を取り入れ,児童が興味・関心を持って主体的に取り組めるようにしている。

42%

47%

0%

0%

11%

保護者アンケート
〇 「学校は、社会見学や出前授業など体験的な学習を積極的に取り入れている。」99%
学校評議員及び学校関係者評価
○ 体験学習、出前授業が多いことはよい。よく取り組んでいる。
○ 学校としてかなりいろんなことに取り組んでいただいている。他校よりも多いのではないか。二小の 教育環境はいいと思う。
〇 百人一首や凧揚げなどゲームではない昔の遊びは手や体を使ったり、コツを 覚えるまで工夫したり、たくさんのよさがあった。子どもの中で自然に競い合いやねばり強さや我慢やや さしさ、人とのコミュニケションなどいろいろなことを身につけることができた。一緒に遊んでいてもゲーム ではできにくい

 目標は十分達成できました。来年度も社会見学・出前授業・体験学習を取り入れていきます、さらに、より豊かで充実したものになるよう、学習内容とのバランスを考慮しながら、内容を精選し、効果的に実施していきます。専門家をゲストティーチャーとして招いて積極的に取り組んでいる点についても、学校評議員に高い評価をいただきました。


重点目標 ☆6 進んで本に親しむ
 「進んで本に親しむ習慣をつけます。」について
 年間25冊以上読む
 「すすんで本を読んだ」を児童アンケート・保護者アンケートで70%以上にします。

○読書活動

E

児童11

たくさんの本を読もうとしている。

46%

29%

18%

7%

0%

保護者18

お子さんは、進んで本を読むなど読書の習慣が身に付いている。

27%

35%

31%

8%

0%

童アンケート
〇 「たくさんの本を読もうとしている。」75%
保護者アンケート
〇 「お子さんは、進んで本を読むなど読書の習慣が身に付いている。」62%
学校評議員及び学校関係者評価
○ 5年生になって、漫画のような本ではなく、活字の小説などの本を読むようになってきた。
〇 家族みんなで読書する雰囲気作りもしてほしいところである。

 年間25冊以上読んだ児童の割合は、88%でした。
 また、昨年度の同項目より、児童アンケートで7ポイント、保護者アンケートで22ポイント上がりました。読み聞かせの充実や学校司書さんの取組の成果でしょうか。来年度も、さらに読書の習慣が身につくよう取り組んでいきます。
 


重点目標 ☆7  楽しんで歌を歌う
 「みんなで元気よく歌を歌い、明朗で晴れやかな心を育てます。」について
 「音楽会がんばれた」を児童アンケートで90%以上にします。
 「合唱が楽しい」を児童アンケートで90%以上にしま
す。

○音楽指導

E

児童12

音楽会では合唱や合奏などがんばって取り組んだ。

82%

13%

4%

1%

0%

児童13

音楽の時間などでは、みんなで楽しく合唱している。

69%

25%

4%

1%

1%

児童アンケート
〇 「音楽会では合唱や合奏などがんばって取り組んだ。」95%
〇 「音楽の時間などでは、みんなで楽しく合唱している。」94%
学校評議員及び学校関係者評価
○ 音楽会や合唱が良かった。
〇 卒業式などきれいな声で感動した。  

 目標は達成できたと考えます。今年度から取り組んだ音楽会に対して目標を持ってしっかりと取り組めました。普段の音楽の学習でも意欲的に取り組むことができています。これからも音楽のよさを感じられるよう取り組みます。


点目標 ☆8 楽しんで体を動かす
 「体育の時間の工夫や外遊びの奨励で体力づくりを進めます。」 について

 「体育の授業が楽しい」を児童アンケートで90%以上にします。
 「毎日外遊びに行った」を児童アンケートで90%以上にします。

○体力向上・健康教育の取組

E

児童14

楽しく体育の学習に取り組んでいる。

81%

14%

3%

1%

0%

児童15

休み時間にはできるだけ外遊びをしている。

58%

20%

17%

5%

0%

保護者8

学校は、児童の体力を高めるための取組を行っている。

38%

51%

10%

1%

1%

児童16

朝ごはんや給食、夕ごはんをしっかり食べるようにしている。

75%

18%

5%

1%

0%

保護者9

学校は、食育や健康教育など、児童の健康を守り高めるための取組を行っている。

51%

44%

5%

0%

1%

教職員23

学校保健・食育計画を作成し,事故や疾病等の予防に関する指導,食育に関する指導,及び学校保健・食育委員会や保健行事が適切に行われている。

53%

47%

0%

0%

0%

児童アンケート
〇 「楽しく体育の学習に取り組んでいる。」95%
〇 「休み時間にはできるだけ外遊びをしている。」78%
保護者アンケート
〇「学校は、児童の体力を高めるための取組を行っている。」89%
学校評議員及び学校関係者評価
〇 耐寒マラソンは、昔は学校の外を走っていた。変化のあるところを走る点ではよかった。  

 目標はおおむね達成できたと考えますが、休み時間にできるだけ外遊びをしている児童が減っています。いつでも外に出て遊ぶ子と積極的に外に出ない子との二極化の傾向が見られます。朝の体幹トレーニングを実施したり、できるだけ外遊びがしたくなる環境を整えたりするなど、体力向上に取り組みます。  食育については、94%の保護者に、おおむねよく取り組んでいると評価いただきました。また、92%の児童が、「朝ごはんや給食、夕ごはんをしっかり食べるようにしている。」と回答しています。これからも引き続き、食育や健康教育に取り組んでいきますので、ご家庭でも食育を意識してくださるようお願いします。    


その他の評価項目

◎ 情報発信  

○学校の情報発信

E

保護者11

学校は、HPや学校・学年だより、学級通信などを通して、学校や児童の様子を積極的に発信している。

47%

49%

3%

1%

0%

教職員3

学校情報の発信、公開(各たより・ホームページ)を積極的に行っている。

47%

42%

0%

0%

11%

保護者アンケート
〇 「学校は、HPや学校・学年だより、学級通信などを通して、学校や児童の様子を積極的に発信して いる。」96%  

 これからも、HPや学校・学年だより、学級通信などを通して、学校や児童の様子を積極的に発信していきます。ぜひご覧ください。

 

◎ 家庭訪問、参観、懇談など、家庭との連携

○家庭訪問、参観、懇談など

E

保護者1

学校は、児童についての相談に適切に応じたり、学校であったことを連絡したりして、家庭と連携して指導しようとしている。

46%

39%

14%

0%

1%

教職員12

家庭訪問、授業参観・懇談会・通知表、普段からの連絡等で児童の情報を共有し、連携協力を深めている。

53%

47%

0%

0%

0%

教職員13

早め早めの対応を心掛け、管理職等に報告・連絡・相談し,組織的な対応を行っている。

58%

42%

0%

0%

0%

保護者アンケート
〇 「学校は、児童についての相談に適切に応じたり、学校であったことを連絡したりして、家庭と連携し て指導しようとしている。」84%

 これからも家庭への連絡連携を大切にし、担任中心にきめ細かく保護者と連携していくように取り組みます。  

 

◎ 防災・事故防止など安全対策 施設設備

○防災・事故防止など安全対策

E

保護者12

学校は、安心安全な学校づくりに取り組んでいる。

46%

46%

8%

0%

0%

保護者13

学校は、施設・設備など、適切に学校環境を整えている。

45%

48%

7%

0%

0%

教職員24

施設や設備の安全点検,及び通学を含めた学校生活における児童への安全指導が計画的に行われている。

32%

68%

0%

0%

0%

保護者アンケート
〇 「学校は、安心安全な学校づくりに取り組んでいる。」92%
〇 「学校は、施設・設備など、適切に学校環境を整えている。」93%
学校評議員及び学校関係者評価
○ トイレ改修が良かった。子どもたちもとても喜んでいる。
○ 登下校時の交通事故が心配である。交通量が増えてきた。萩の台の踏切を超えた所の小さな交 差点が、とても見通しが悪く心配であるという声がある。対策を考えたい。

 トイレの改修が評価されました。今後も学校環境を整えるとともに、安心安全な学校づくりに取り組んでいきます。

 

◎ 地域連携

○地域連携

E

保護者14

学校は、地域と協力して子どもを育む取組を行っている。

54%

38%

8%

0%

1%

保護者アンケート
〇 「学校は、地域と協力して子どもを育む取組を行っている。」92%
学校評議員及び学校関係者評価
○ 地域は学校に対して本当に協力的で、見守りや読み聞かせ、ボランティアなどよくしていただいている。田んぼも近くで貸してくれる。
〇 学校だよりを地域で回覧するなど地域にアピールすることがよいと思う。

運動会の地域競技、防災訓練炊き出し訓練などに加え、草刈りや読み聞かせなど地域との連携はますます深まっています。これからも二小学校コミュニティ協議会中心に、地域との連携協力を深めたいと考えます。

 


1年間本校教育に、ご理解、ご支援をいただき、誠にありがとうございました。
上記の評価を受けて、来年度は、下記のように重点目標を立てて取り組んでいきたいと考えます。詳しくは新年度お知らせいたします。