●大瀬中学校 ●学校の紹介 ●学校の生活 ●新着情報

生駒高校・大瀬中学校・壱分小学校・壱分幼稚園4校園合同のあいさつ運動

「あいさつは心のかけはし」

2月4日(火)7時45分から8時20分まで、「あいさつは心のかけはし」を合い言葉に生駒高校・大瀬中学校・壱分小学校・壱分幼稚園の4校園合同であいさつ運動をおこないました。 各校の生徒会や児童会の活動として児童・生徒が中心となり、本校からは1,2年の生活委員が参加してくれました。幼稚園は登園時間の都合もあり、PTAの方が参加してくださいました。
 この運動の趣旨は、次の2点です。@登校・登園の際に「おはよう」「いってらっしゃい」とお互いにあいさつを交わすことによって、一日の始まりをすがすがしいものにしよう。Aあい さつでお互いの心のつながりを強め、地域全体で見守りの輪を広げよう。
 最初は小さかった中学生の声も徐々に大きなものとなり、あいさつを返してくれる小学生の笑顔にほおもゆるんでいきます。今後は第1火曜日を基準日として実施していきます。継続すること によって幼稚園児や小学生には見守られているという安心感が、中学生や高校生にとっては弱い立場にある者を守ろうとする意識が醸成されればいいなと願っています。今回、のぼり旗の作成 は生駒高校、ちらしの作成は大瀬中学校、合い言葉の考案は壱分小学校、マスコットキャラクターの作成は壱分幼稚園が担当しました。今後も各校園と協働し、取り組んでいきたいと考えています。 今回のあいさつ運動の様子はKCNの取材をうけました。3月1日からの「ラブリータウンいこま」(生駒市のホームページでもご覧いただけます。)で紹介される予定です。